読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハロヲタめせん

ハロヲタ目線で好き勝手言っちゃうブログ

エイターとハロヲタの札幌エピソードに、関ジャニ∞村上信五さんが言及! そもそも何故ハロヲタは関ジャニ∞のコンサートに行ったのか?

ハロプロ モーニング娘。
今回は↓の記事の続報(?)です!
 
エイター(関ジャニ∞のファン)とハロヲタ(モーニング娘。をはじめとするハロー!プロジェクト(以下、ハロプロ)のファン)が生んだこのエピソードは、多数のネットニュースで取り上げられるなど、大きな話題となりました。
 
 
また、12月12日に開催されたモーニング娘。日本武道館公演で、関ジャニ∞のコンサートグッズ「光るたこ焼き棒」が振られていたことも微妙に話題となりました(笑)
 

f:id:miyanagirina:20161216163117j:plain

*左下に「光るたこ焼き棒」が…!恐らく12月10日に関ジャニ∞の札幌ドーム公演に参加したハロヲタの犯行(笑)
 
これらのエピソードはモーニング娘。メンバーの耳にも入ったようで、12月13日の石田亜佑美のブログ(「モーニング娘。'16 天気組オフィシャルブログ」)では、このエピソードに関する記述とみられる部分がありました。
が、公に関ジャニ∞の名前を出すことは憚られたのか、何か制限があったのか、
『素敵な、でも面白いエピソードが ニュースになっているのも見かけました』
とオブラートに包んだ表現にとどめていました。
 
 
ところが、関ジャニ∞村上信五さんが出演しているラジオ番組「レコメン!」(文化放送)12月15日放送回において、村上さんがガッツリとモーニング娘。の名前を出してこのエピソードを話題にし、ハロヲタ界隈では「この話題が公にされるなんて!」「わざわざ名指しでお礼を言うなんてすごく律儀!」などと驚きの声が上がりました。
 
 
いや〜村上さん…かなりハロヲタに感謝してくれていますね。
 
ですが、ハロヲタからは「そんなに感謝されることでもない」と照れ隠し(?)のような声も多くあります。
そもそも、「空席を埋めるために駆けつけた」というよりは、「楽しそうだから参加した」というハロヲタの方が多いのではないか?とも言われています。
 
以下、2ちゃんねるでのハロヲタの反応のスクショ画像4枚。
 

f:id:miyanagirina:20161216164250p:plain

f:id:miyanagirina:20161216164424p:plain

f:id:miyanagirina:20161216164437p:plain

f:id:miyanagirina:20161216164454p:plain

 
スクショ画像にも意見がありますが、「関ジャム」での共演で関ジャニ∞に好意を持っていたハロヲタが多かったことが、今回のエピソードの根底にあるのだと思います。
 
 f:id:miyanagirina:20161216164510j:plain
*記憶に残る「まーちゃん」(佐藤優樹)と「やしゅださん」(安田章大さん)の息の合ったパフォーマンス
 
また、ハロヲタには昔から、ハロプロメンバーのパフォーマンスだけでなく共演者のパフォーマンスも盛り上げようとする性質があり、そういったハロヲタの性質も「関ジャムで共演した関ジャニ∞のコンサートを盛り上げたい!」というムーブメントを生んだ理由の1つだと思います。
以下の2つの動画は、ハロヲタが共演者のパフォーマンスを盛り上げた中でも最も有名なものです。
 
島谷ひとみさんのパフォーマンスを全力で盛り上げるハロヲタ
(吉澤ひとみ用のコール「L!O!V!E!ラブリーひとみ!」を転用しているのが笑えるが、当時は「ハロヲタうるさすぎ」という批判も多かった…が、当の島谷さんは喜んでいたらしい)
 
*「きらりん☆レボリューション」のイベントで、男性2人組・SHIPSのパフォーマンスを全力で盛り上げるハロヲタ
 
お目当てだったモーニング娘。のコンサートが中止になってしまった失意のハロヲタが、何故気持ちを切り替えて関ジャニ∞のコンサートに行ったのか?
それは、2つの理由からだったのだと思います。
 
ハロヲタは元々関ジャニ∞に好感を持っていた(「関ジャム」の共演など)
ハロヲタには元々共演者などハロプロ以外のアーティストのパフォーマンスも盛り上げる気質がある
 
今回のエピソードは「美談」として扱われがちですが、その陰には、関ジャニ∞のコンサートを見れなかった沢山のエイターや、モーニング娘。のコンサートを見れなかった沢山のハロヲタの悲しみがあります。
(モーニング娘。ニトリ文化ホール公演は振替公演が発表されましたが、振替公演の日程では行けないという方なども多数おられるでしょう)
 
今回の件をきっかけに、双方の事務所が、コンサートの日程についてもう少し配慮するようになり、今後また悲しむファンが出ないようになれば、その時はじめてこのエピソードが「美談」になるのではないでしょうか。 
 

f:id:miyanagirina:20161216164559j:plain

*村上さんの声は、ハロヲタに届いていますよ!
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。